和服と着物の言葉の違いって何でしょう?

和服と着物って、同じ意味ではないのと思いませんか?きっと、今頭の中では髪を結った振袖や留め袖などを着た、清楚なご婦人の画像や映像が浮かんでいるのではないでしょうか。

元々、着物というのは実は日本語では、衣服全般を表す言葉だったのです。洋服は、明治時代の文明開化で西洋から入って来ましたので、それ以前は衣服の事は全て着物と呼んでいたのです。西洋から来たものであろうが元々日本のものであろうと区別する事無く着物と呼ばれていました。

ところが、明治以降どんどん洋服が普及するようになってきて、圧倒的に着るのが楽な洋服が一般市民にも増えて来るようになると、それと区別するために、日本古来の衣服を和服と呼ぶようになりました。

という事は、洋服も和服も日本語の括りの中では「着物」という事になりますね!

とはいえ、今の私たちのイメージでは和服がイコール着物なので、「今日のワンピース、とっても素敵な着物ね!」とは言わないですね。日本語というのは時代に合わせて次々と進化しているのだなと考えさせられます。着物を売るお店を呉服屋と呼びますが、呉服というのは中国の呉から来たもので、当時の呉の服に影響を受けたからと言われています。そして、正絹のものを売るのが呉服屋、綿などでできたものを売る「太物屋」というのも存在していましたが、今は呉服屋のみが残っているという事です。

Leave a Reply