着物を着る人は覚えておきたい羽織選びの要点

羽織は、着物のコーディネートのバリエーションを増やし、さらに防寒にも役立ってくれます。羽織を選ぶ際には、注意を必要とするいくつかのポイントがあります。羽織選びの要点の一つは袖の長さです。羽織の袖は、着物よりも長いものを選ばなければなりません。もし着物より袖部分が短ければ、着物の袖が外に飛び出してしまい見た目が良くありません。着物の袖の長さをあらかじめ採寸するか、あるいは着物を着た状態で羽織を試着すると確実に合った寸法の物が選べます。

また羽織を選ぶ際、着物よりも柔らかい生地を選ぶ配慮が必要です。着物よりも固い生地を選んでしまうとフィットせず、不自然に見えます。その他、羽織は、色の濃いものを選ぶと汚れが目立ちません。白に近い淡い色の羽織は、表面に付着した汚れが目立つ傾向が強いです。羽織は着物の上から着用するものであるため、外出時などに何らかのトラブルで汚れてしまう場合も想定して選ぶ配慮が必要です。

さらに用途に合わせて選ぶ事も重要であり、防寒を目的とするなら厚手の生地の物を選べば失敗がありません。一方でオシャレのため着用する事を目的とするなら、幅広いシーズンで着用できるよう薄手で通気性の良いものを選びます。

参考:着物の外出の羽織について・・・質問します

Leave a Reply