Archive for the 切手 Category

日本・外国の切手収集

切手は、普通封筒などに貼って郵送する時に使うものですが収集の楽しみもあります。コンビニなどでも売られている一般的な切手ではなく、期間限定であったり枚数限定などプレミアムな切手がマニアの間で注目を集めます。 日本国内でも様々な切手が出回っていますが、外国も色々なものがあり人気があります。色鮮やかなものや斬新なデザインのものなどがあり、特に古い切手は時代背景を反映しているケースが多いので人気があります。バチカン市国という小さな国があるのですが、ここは定期的に販売する切手が外国のマニアに絶大な人気を誇り、その収益が国を潤すという状態になっています。世界的に見ても切手に対するマニアの熱は凄まじく、活気があります。 単純に好きで収集している方も多いのですが、転売目的で収集している方もいます。日本・外国を問わず切手は年数が経てば経つほど状態は悪くなりますし、希少性も増してきます。そんな時にとても古い切手が新品のような状態で売りに出されたら、マニアは喉から手が出るほど欲します。そんな転売者とマニアの駆け引きが絶えないのも、この世界の面白い部分です。使い方も様々→外国の古切手……! クラフトで使うために しかも駆け引きの場は日本のみならず外国にまで及ぶので、やり方によっては多くのお金を得ることができます。

切手収集の良いところ

切手収集というものは、よいところが色々とありますから、興味があったらやってみることをお勧めします。まず、憚ることなく出来る収集趣味である、ということです。実は、過去に日本でもブームになったことがありますから、そんなに珍しい趣味ではありませんし、世界的にもやっている人が多い趣味でもあります。 ですから、十分に人にいうことができる収集の趣味であるといえます。また、そこまでお金がかかることではない、ということもあります。もちろん、切手を買うわけですから、少なからずお金がかかります。 中にはアンティーク切手といって非常に高いものもあります。しかし、それでも現行の記念切手のみにするとか、或いはそれなりに枚数が発行された切手のみ、ということにするのであれば、そこまで高額な収集物ではない、といえます。ですから、お勧めできる、という側面があるのです。また、収集系の趣味としてはスペースを殆ど必要としない、ということもメリットです。何しろ、小さな紙ですから、大量に集めても必要となるスペースはたかが知れているものです。ですから、安心して大量に収集することができるのです。家族がいる人であってもいやな顔をされることがないわけです。