Archive for the 古銭 Category

中国の古銭に対する知識や情報を吸収する事

購入もしくは買取を希望している方にとって、中国の古銭、五朱銭や貨泉(古銭)に関する情報は必要不可欠です。素晴らしい情報をたくさん集める事ができれば、誰よりもお得に中国の古銭を購入する事ができたり、高い金額で買取してもらえる可能性が生まれます。 中国の古銭に関する知識や情報を身につける為には、関連している教材を熟読する事が必要です。どのような歴史を刻んでいる古銭なのか勉強する事である程度確認する事ができます。当然素晴らしい歴史を刻んでいる古銭に関しては、高額な金額で買取や販売を行っているので慎重に業者選びをしなくてはいけないです。 一番重要な方法として、相場を知る事になります。相場よりも安く販売されている場合には、お得に中国の古銭を手に入れる事ができます。逆に高く販売されている場合には、購入する事で損してしまう事になります。逆に買取の場合には高額な金額で買取してもらう事ができないと多くのお金を得る事ができなくなってしまいます。 このように中国の古銭によって、それぞれ歴史と価値が違っているので慎重に見極めないといけません。業者によっては高額なお金を獲得しようとしており、悪だくみをしている事があるので注意しないといけないです。

古銭「寛永通宝」…種類は多くてもみんなそっくり?

古銭「寛永通宝」とは、江戸時代初期より終わりまで用いられた日本の通貨のことです。240年近く使われた通貨なため、その種類もとても豊富なことが特徴であり、「寛永通宝」に分類される古銭だけで、1000種類以上あると言われています。 当然、種類が多ければレア度の高い古銭と値打ちが付かない古銭がでてきます。コイン屋でも、種類により1枚数百円から数万円くらいまでに買取価格の差が出ます。 例えば、芝銭と呼ばれている1636年に製造された通貨の場合では、買取価格はわずか数百円程度になっています。同じ時代に作られた通貨でも価値は上下する傾向があり、芝銭と同じ1636年に製造された坂本銭の場合では、買取価格は1000円を超えるケースもあるようです。 レア度の高い「寛永通宝」の代表格は、1626年に製造されたニ水永銭と呼ばれている通貨が挙げられます。コイン屋の買取価格は数万円となっています。 とはいえ、「寛永通宝」の大半の通貨は買取価格が数百円程度であり、手に入ったからとコイン屋に持ち寄ってみたら、数百円程度の値しかつかずにがっかりする方が多いようです。 では、ぬか喜びしないための「寛永通宝」の見分け方というと、これは素人が判別することはかなり難しいと一般的に言われています。基本的には、書体で年代や種類を見分ける方法しかなく、古銭のカタログなどを参考にして個人で判断するしかありません。 かつては通貨として使われていた物とはいえ、今は骨董の分野なので、その見分け方というのも、一朝一夕にはいかないというわけです。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1386737303

大判…古銭としてどうして貴重なのか?

大判とは、豊臣秀吉の時代から鋳造され始めた金貨と言われています。一般的流通を目的にした通貨ではなく、恩賞や贈答品として用いられていたようです。ただし、1860年に発行された万延大判に関しては、一般流通を目的とした通貨として発行されました。江戸時代を通しては、5種類の大判が発行され、大判に分類される金貨としては6種類あります。 コイン屋などでの大判買取価格に関しては、非常に高額となっており、1000万円以上で取引される種類も珍しくありません。大正菱大判のケースでは、古銭として数品しか現存していないと言われている希少性から、買取価格が数千万円から1億円になるとも言われています。 古銭として、大判が高額で取引される理由としては、やはりこの希少性という部分が重要なキーワードです。 通貨目的では用いられなかったため、鋳造量自体が少なく、当時でも数千から数万枚しか作られていないケースが多く、古銭として現存している数自体が少ないのが特徴です。金の含有量自体は、古銭としての価値にあまり関係がないようで、金の含有量が少ない種類の方が、高額で取引されているケースもあります。 最も買取価格の安い万延大判の場合では、買取価格が100万円を割れるケースもありますが、これはやはり通貨目的で鋳造されため、明治時代に入ってからも通貨として用いられていたことで、現存している数が多いことが理由として挙げられます。 とはいえ、最低でも数十万円で買取られる古銭ということを考えると、骨董品としてはそれすら貴重で高額ですよね。 参考:日本の古銭の画像まとめ(体験談や雑感記事)